髪の毛を復活させる方法

>

常に髪の毛を守れるように

直射日光に当てない

夏が近づくと、それに伴って太陽の光に含まれる紫外線が強くなっていきます。
その紫外線が、髪の毛のキューティクルの表面に存在するメチルエイコサン酸という成分を壊してしまいます。
それが髪の毛がパサついたり乾燥したり、絡まりやすくなるなど、様々なトラブルが起きる原因です。
ですから夏の時期は、髪の毛の紫外線対策を考えてください。
帽子を被ったり日傘をさしたりするだけでも、紫外線を除去できます。

さらに髪の毛を結ぶと、紫外線が当たる部分を少なくできるので良い対策になります。
夏になるとお肌に日焼け止めを塗って、紫外線対策をする人が多いでしょう。
その時はお肌だけでなく、髪の毛も紫外線対策が必要だと思い出してください。

乾燥させないように

冬の時期は、空気が乾燥したり暖房をたくさん使ったりすることが原因で髪の毛も乾燥しやすくなります。
そこで、室内で過ごす時は加湿器を使ってください。
すると髪の毛に潤いを与え、キューティクルが剥がれることを防げます。
さらに静電気の予防にも効果があるので、メリットが多いですね。
髪の毛が固くなっている時は、乾燥していると思ってください。

傷んだ髪の毛を補修したい時は、トリートメントを使いましょう。
シャンプーの後に使い、成分が浸透してから洗い流すトリートメントもありますし、洗い流さなくても良いトリートメントがあります。
後者の方が楽ですし、髪の毛全体に塗ってから出かけると、乾燥対策に繋がるので購入しておきましょう。


TOPへ戻る