髪の毛を復活させる方法

>

基本的なヘアケアが大事

指の腹を使って洗う

いつも髪の毛を洗う時に、爪を立てている人が見られます。
しかしそうすることで、頭皮にダメージを与えてしまいます。
すると髪の毛に栄養が行き渡らず、傷みが激しくなると覚えておきましょう。
ですから髪の毛の傷みを改善するためには、指の腹を使いながら丁寧に洗うことがポイントです。

さらに洗い流す時は、ぬるま湯を使いましょう。
熱いお湯だと髪の毛や頭皮にダメージを与えますし、必要な皮脂まで流してしまいます。
皮脂は洗い流した方が良いと思っている人が多いですが、頭皮に潤いを与えるために少しは必要な存在です。
ぬるま湯を使うことで、必要な皮脂を残したまま髪の毛を洗うことができます。
これからは、シャワーの温度にも注意しましょう。

すぐに乾かすこと

髪の毛を乾かす際に、いきなりドライヤーを使わないでください。
まずはタオルで、余分な水気を拭き取ってください。
それからドライヤーの風を髪の毛に当てますが、頭皮に近づけすぎないように注意しましょう。
至近距離から熱風を当てるのはあまり良くないので、10センチほど離してください。
また髪の毛にタオルを被せ、その上から風を当てると熱のダメージを避けられます。

お風呂から上がったら、すぐ髪の毛を乾かしましょう。
濡れた状態を放置すると髪の毛のキューティクルが開いたままになり、ダメージを受けやすくなります。
結果的に髪の毛が傷むので、すばやく乾かすことを意識しましょう。
このような習慣にしていればダメージが蓄積されることはなく、綺麗な状態に戻ります。


TOPへ戻る